アトランタで生まれ育ち、生まれ持った才能で4歳からダンスを始め、本格的に9歳までトレーニングをして、16歳にプロとして働き始める。それに加え、バレエやタップ、ジャスやモダンダンスを表現力を高めるために取り入れ、どうじにダイビングや体操やスイミングにも若い時、エネルギーを注ぐ。ノースサイド・スクールの芸術学部を卒業し、モアハウス・カレッジに入りアトランタとロサンゼルスでのオーデションに行き来する忙しい日々を過ごす。19歳の時ペインはカリフォルニア芸術学校に奨学金を受け、その時、LAに引っ越すことを決心。そこで、彼がヒップホップのトレーニングを加えてダンスのレパートリーを増やすことに繋がる。彼の並外れた才能は西海岸のクリエイティブなコミュニティーの注目を集め、引っ越してから短い期間ですぐスーパースター達とプロとして仕事をすることに繋がる。

ペインの最初の大きな飛躍は、ジャネット・ジャクソンの「リズム・ネイション1814ツアー」だった。彼が自分で作ったオーデション用のビデオで、ジャネットのダンサーとしてオーデションに残った。彼の完成されたプロ性と素晴らしいパフォーマンス能力により、すぐに、国中のダンサーの中で、振付師の中で知られた存在となった。ペインのスキルはダンサーと同じく振付師としても発揮された。彼はマイケル・ジャクソン、プリンス、エン・ヴォーグ、デビ・アレンのダンサーとして、そして、ジャクソン、エン・ヴォーグ、マドンナ、スティング、レニー・クラヴィッツ、ポーラ・アブドゥール、フェイス・ヒル、そしてリッキー・マーティンの振付師として活躍した。彼は最年少で殿堂に選ばれ、振付師としての素晴らしい功績に贈られる「ミュージック・ヴィデオ・アソシエーション・アワード」を2回受賞。マイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ「スクリーム」で「MTVビデオ・ミュージック・アワード」で振付師として最優秀賞を4回受賞しています。ペインがエミー賞に2度ノミネートされたということで、マイケル・ジャクソンから1995年のMTVアワードのオープニング、そして2006年のディズニーの「ザ・スイート・ライフ・オブ・ザック・アンド・コディー」を手がけた。彼の先駆的な振付けによって「オビー賞」を受賞し、GAPの「カーキ・スイング」キャンペーンでは、ポップカルチャーの中でスイングダンスの人気が国内で再び燃え上がり、その広告により会社に10億ドルの収益をもたらした。

ペインの最も反響のある近年の業績はディレクター、そして振付師として参加した、マイケル・ジャクソンの「This Is It」ツアーだ。彼が突然亡くなった後、ペインはジャクソンのメモリアルサービスの中心的な貢献者となった。そして、彼の作った「This Is It」は今までの作品の中で、最も偉大で、密接で、天才アーティストへの贈り物として、尊敬を込め、絶えることのない愛の表現だ。彼の貢献は、2009年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」でのジャネットがステージでマイケル・ジャクソンのトリビュートとしてパフォーマンスをする際に彼女によってトラヴィスがステージに呼ばれたこと、そして、他にも作品集によって、彼のマイケル・ジャクソンの伝説に貢献していることは知られています。

ペインの業績は今だに世界中でますます広がっていて、150以上の国でアーティスト、ブランド、コンサート、ステージ、映像、テレビの中で見られます。彼の力強い才能と素晴らしいプロの評価のことだけではなく、彼の、アートとムーブメントも音楽と映像とブランディングとビジネスを繋げ、革新的なものを作り上げます。プロデューサーとして、音楽の作曲家として、振付師とダンサーのディレクターとして、彼の芸術的な才能は世の中でますます発揮されている。
ペインの尋常じゃない長続きした成果が、今後続く革新を物語る。トラヴィス・ペイン・プロダクションは近年創立され、最上のツール、サービス、戦略、そしてタレントを用いて、柔軟なコンセプトにより堅い成功をもたらします。
ペインは社会貢献や社会性、そして才能の向上やメンターとしての興味を持ってます。

 

Translate »